シニア女性の美容意識の変化とその効果

高齢化社会が近年、話題になっていますが、その中、活動的なシニアが増えてきたとも言われています。

ここ数年でシニアを対象としたコミュニティが増え、またシニア割というようなサービスが増えてきたこともあり、ショッピングやグルメ、旅行、ジムや水泳などを利用する高齢者も増えてきています。

もちろん、そういった積極的に活動するシニアは人と会う機会が増えるため美容意識も高く、ソニー生命調べのアンケート調査ではシニア女性の約3人に1人は「美容」「ファッション」に関心があると答えています。

シニア女性の抱える美容の悩み

そんな「美容」に関心のあるシニア女性でも悩みがあり、朝日新聞社の調査では美容で以下の悩みを抱えていることが分かりました。

【シニア女性の抱えている美容の悩み】
・化粧品を試してみる場や機会がない
・化粧品について質問したり、相談したりする場がない/相手がいない
・化粧品の種類や機能が多すぎて、どれを選べばいいのか分からない
・今の基礎化粧品が、自分に合っているのか分からない
・自分に合うメイクの方法が分からない

シニア女性の悩みをまとめるとどの化粧品でどう使うのか分からず、また体験したり聞く場がないためにあきらめてしまう方が多いようです。

シニア女性がメイクをすることでの効果

しかし、女性は女性。

メイクをすることがなくなるとどうしても引きこもりがちになってしまい、外出する回数が減ってきてしまうようです。

また、メイクをすると外出したくなる、人に会いたくなるといった回答が大手化粧品会社の株式会社資生堂で行った「化粧療法プログラム」では聞けたそうです。

実際にベストシーンで行っている「シニアフォト」でも、メイク後に人に会いたくなったと話をされる方が多くいらっしゃいます。

実はその外出したくなったり、人に会いたくなったりする欲求は高齢者にとっては、とても大事なことなんです。

日本公衆衛生雑誌によると重度要介護になる確率が、外出が週1回以下の人は毎日する人に比べて1.9倍、友人に合う頻度が月に1回未満の人は月に1回以上の人に比べて1.7倍になるとされています。

その外出や人に会うためのきっかけ作りとしてメイクをすることは、女性だからこそとても始めやすく続けやすいことではないでしょうか。

ぜひ、「化粧療法」実践してみてください。
 
 
 
今回は、シニア女性の美容意識とメイクをすることでの効果をお伝えしました。

尚、ベストシーンで行っている「シニアフォト」では実際にメイクを受けながらアドバイスなどすることができ、さらに撮影も行うためその写真をメイクの完成イメージとして使用することができます。

シニア女性が美容で抱える悩みを解消できる「シニアフォト」、ぜひご利用ください。

オープンプライス

美しく大変身したあなたを写真に残してみませんか?
衣装や小物、アクセサリーの無料レンタルサービスもあります。

コメントを残す