> Best Scene > Information

◆ Information ◆

ヘアメイク&フォトスタジオ ベストシーン の最新情報をお知らせします。

「ヘアメイク&フォトスタジオ ベストシーン」のCMを制作中です!

【ベストシーン】

この度ですが、株式会社ベストシーンではより皆様に弊社の「ヘアメイク&ヘアメイク」サービスをご認知いただくため、CMを制作しております!   制作をいただいている会社は神奈川県川崎市にある 「株式会社オルガエンターテインメント」様にご協力をいただいております!   オルガエンターテインメント様では4Kデジタルシネマカメラ「RED EPIC」 シネレンズ「ZEISS Ultra Prime」を使用し、 高ブランドな「プロモーション映像」を提供されている制作会社様です。   ▼オルガエンターテイメント様が制作している映像がこちら Best Sceneの美しい写真とオルガエンターテインメント様のハイクオリティーな映像を皆様にお届け出来ればと考えております。   完成しましたらHPでもご紹介いたしますので、 皆様、ご期待ください!

【お知らせ】営業時間変更のお知らせ

【ベストシーン新浦安店】

 

日頃より、当店をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

このたび営業時間変更について、2018年5月7日(月)より

 

平日7:00~12:00(土日祝:6:30~14:30)

 

に変更させていただきます。

 

ご予約はホットペッパービューティー・楽天ビューティーから承っております。

 

>>ホットペッパービューティー

>>楽天ビューティー

 

皆様により快適にご利用いただける様心がけておりますが、

大変ご不便おかけいたしましたが、

今後ともよろしくお願いします。

 

 

シニア女性へのプレゼントに☆母と子供で一緒に撮る写真

【ベストシーン】

最近、お母さんと写真撮ってますか? 一昔前の日本は多世代家族で生活している家庭が多く、娘や息子が結婚し、孫ができても身近に家族のつながりや絆を感じられる環境でした。 しかし、時代は変わり核家族化が進み、家に残るのは自分だけというシニア世代の方々が増えてきました。 そのため、家族のつながりが薄れていくことが最近は問題化しています。 その家族の絆ですが、長寿にも非常に関係してくることが分かっています。 アメリカにあるトロント大学の研究によると70代で孤独を感じている場合、感じていない人に比べて約25%の方の健康状態が悪く死亡リスクが上がっていることが分かりました。 とはいえ、社会に出てからは就職先や転勤などの都合もあり、なかなか親と同居をすることも難しいのが現実です。 そこで、一緒に暮らさずとも家族の絆を感じることができる、とっておきのプレゼントをご紹介します。

母と子供で撮る記念写真

一緒にいなくとも絆を感じることができるもの、それは“写真”です。 内閣府の調査によると高齢者が生きがいを感じる時は「子供や孫など家族との団らんの時」が調査を始めた平成17年から常にトップであり、家族とのつながりが最も生きがいになることを表しています。 ただ、両親と離れて暮らし、あまり顔を見せられないことも多いと思います。 そんな時でも写真があることで、それを見るたびに“家族の絆”を感じることができるようになります。 また、写真があることで娘、息子のことを思い出し、連絡をするキッカケにもなるかもしれません。

テーマは“絆”母・娘で撮るペア写真がブームに

東日本大震災以降、日本では“絆”に関連するものがブームになっています。 特に女性がその絆を意識した活動をしていることが多く、母と娘が一緒になって同じデザインの服を着るペアルックであったり、一緒に旅行などされる方も多いようです。 その母と娘でできることの一つとして、記念写真があります。 一緒にメイクやヘアセットをした記念写真は、キレイになりたいという女性の欲求を満たしながら絆も感じることができると話題になっています。 母の日や誕生日のお祝いで記念にされる方が多いようで、お母さんは花や日用品をもらうよりも残るものがもらえて嬉しいととても喜んでくれるそうです。       どうしても、歳を重ねるにつれて疎遠になりがちな親子の絆。 ベストシーンでは親子の写真も受け付けております。 一枚の記念写真をきっかけに確かめ合う“絆”。 ぜひ、ご相談ください。

「桜」×「ウェディングフォト」は相性ピッタリ!

【ベストシーン】

前撮りやウエディングフォトを考えているカップルには、桜の季節が絶対おすすめです。 桜は、白無垢や色打掛などの和装にも、純白のウェディングドレスにもピッタリです。 春の季節にしか撮れない華やかなウェディングフォトに仕上げることができます。 満開の桜の中で、一生の思い出に残るウェディングフォトを撮影してみませんか? 今回は、桜の花を活かしたウェディングフォトのおすすめ撮影方法をご紹介いたします。  

「桜」×「傘」

和傘はアクセントになります。 新郎新婦で1本ずつ傘を持つのもいいですし、2人で相合傘をさすのもおすすめ。 和傘を選ぶときには、形や大きさだけでなく、色使いにも注意したいところ。 こだわりの傘を手に入れて桜の風景で撮影をするとより二人の思い出になります。

「桜」×「扇子」

傘に続き小物のご紹介。 傘と重複する部分はありますが、「和」の要素が「桜」とマッチします。 使い方によってはおめでたい雰囲気や、顔をチョット隠す演出などもできるマルチなアイテムとして使用が出来ます。

更新しました! ちょっと撮影までの流れがわかりやすくなりましたかね^^;? ▼結婚写真・フォトウエディング専門『ハミルトン新浦安』 http://best-scene.co.jp/hamilton/ #新浦安 #新浦安ブライトンホテル #舞浜倶楽部 #お花見 #結婚式準備 #結婚式準備 #結婚式 #プレ花嫁 #結婚式カメラマン #ロケーションフォト #結婚写真 #前撮り #二次会 #関東プレ花嫁 #関西プレ花嫁 #東海プレ花嫁 #東北プレ花嫁 #2018夏婚 #2018秋婚 #2018冬婚 #2019冬婚  #日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい #ウェディングニュース  #ファインダー越しの私の世界 #チェリフォト #marry花嫁 #桜

株式会社ベストシーンさん(@best_scene_inc)がシェアした投稿 –

「桜」×「赤い糸」(プロップスなど)

ポーズやアングル、小物をうまく取り入れるとこんな写真も取れます。 糸以外にも額縁、プロップスなどもおすすめです!

まとめ

一生の思い出となるウェディングフォトとしては、 気温も温かく、過ごしやすい春は最高です! 他の季節での撮影情報も発信してまいりますので、 株式会社ベストシーンのウェデングフォト事業「ハミルトン」を宜しくお願い致します。 ベストシーンのフォトギャラリーはこちら

> Best Scene > Information

page top