◆ Information ◆

新浦安のヘアメイク専門店 CEPヘアスタジオ の最新情報をお知らせします。

J:COMチャンネルで放送中の『ぐるっと浦安』内でCMを公開致します。

前回、CM撮影中旨を記載させて頂きましたが、 ケーブルテレビJ:COMの浦安市内を駆け巡る地域情報番組 『ぐるっと!浦安』で2018年06月からCMを公開致します!

CMはこちら

CMではお父さんがお母さんに連れられ写真館へ。 お母さんはヘアメイクでいつもより綺麗になり、 お父さんも普段はしないヘアメイクをして記念写真を撮影するという流れになっております。

新浦安駅より徒歩3分

CM内でも少々記載させていただいておりますが、 ヘアメイク&フォトスタジオ ベストシーンは新浦安駅北口から徒歩3分です。 JR新浦安駅北口を出て、浦安ブライトンホテル東京ベイの隣、パシフィックマークス新浦安ビルの2階です。 またヘアセットは早朝6:30からご利用可能です。 お祝い事の際にヘアセット、その後に記念撮影なんてことも出来ますので、 皆さまぜひご来店ご相談ください。

お得なキャンペーンも実施中

http://best-scene.co.jp/campaign_2018_05-3/ また5月中にご予約の方を対象にお得なキャンペーンも実施しております。 こちらも合わせてご利用ください。

シニア女性へのプレゼントに☆母と子供で一緒に撮る写真

最近、お母さんと写真撮ってますか? 一昔前の日本は多世代家族で生活している家庭が多く、娘や息子が結婚し、孫ができても身近に家族のつながりや絆を感じられる環境でした。 しかし、時代は変わり核家族化が進み、家に残るのは自分だけというシニア世代の方々が増えてきました。 そのため、家族のつながりが薄れていくことが最近は問題化しています。 その家族の絆ですが、長寿にも非常に関係してくることが分かっています。 アメリカにあるトロント大学の研究によると70代で孤独を感じている場合、感じていない人に比べて約25%の方の健康状態が悪く死亡リスクが上がっていることが分かりました。 とはいえ、社会に出てからは就職先や転勤などの都合もあり、なかなか親と同居をすることも難しいのが現実です。 そこで、一緒に暮らさずとも家族の絆を感じることができる、とっておきのプレゼントをご紹介します。

母と子供で撮る記念写真

一緒にいなくとも絆を感じることができるもの、それは“写真”です。 内閣府の調査によると高齢者が生きがいを感じる時は「子供や孫など家族との団らんの時」が調査を始めた平成17年から常にトップであり、家族とのつながりが最も生きがいになることを表しています。 ただ、両親と離れて暮らし、あまり顔を見せられないことも多いと思います。 そんな時でも写真があることで、それを見るたびに“家族の絆”を感じることができるようになります。 また、写真があることで娘、息子のことを思い出し、連絡をするキッカケにもなるかもしれません。

テーマは“絆”母・娘で撮るペア写真がブームに

東日本大震災以降、日本では“絆”に関連するものがブームになっています。 特に女性がその絆を意識した活動をしていることが多く、母と娘が一緒になって同じデザインの服を着るペアルックであったり、一緒に旅行などされる方も多いようです。 その母と娘でできることの一つとして、記念写真があります。 一緒にメイクやヘアセットをした記念写真は、キレイになりたいという女性の欲求を満たしながら絆も感じることができると話題になっています。 母の日や誕生日のお祝いで記念にされる方が多いようで、お母さんは花や日用品をもらうよりも残るものがもらえて嬉しいととても喜んでくれるそうです。       どうしても、歳を重ねるにつれて疎遠になりがちな親子の絆。 ベストシーンでは親子の写真も受け付けております。 一枚の記念写真をきっかけに確かめ合う“絆”。 ぜひ、ご相談ください。

シニア女性の美容意識の変化とその効果

高齢化社会が近年、話題になっていますが、その中、活動的なシニアが増えてきたとも言われています。 ここ数年でシニアを対象としたコミュニティが増え、またシニア割というようなサービスが増えてきたこともあり、ショッピングやグルメ、旅行、ジムや水泳などを利用する高齢者も増えてきています。 もちろん、そういった積極的に活動するシニアは人と会う機会が増えるため美容意識も高く、ソニー生命調べのアンケート調査ではシニア女性の約3人に1人は「美容」「ファッション」に関心があると答えています。

シニア女性の抱える美容の悩み

そんな「美容」に関心のあるシニア女性でも悩みがあり、朝日新聞社の調査では美容で以下の悩みを抱えていることが分かりました。 【シニア女性の抱えている美容の悩み】 ・化粧品を試してみる場や機会がない ・化粧品について質問したり、相談したりする場がない/相手がいない ・化粧品の種類や機能が多すぎて、どれを選べばいいのか分からない ・今の基礎化粧品が、自分に合っているのか分からない ・自分に合うメイクの方法が分からない シニア女性の悩みをまとめるとどの化粧品でどう使うのか分からず、また体験したり聞く場がないためにあきらめてしまう方が多いようです。

シニア女性がメイクをすることでの効果

しかし、女性は女性。 メイクをすることがなくなるとどうしても引きこもりがちになってしまい、外出する回数が減ってきてしまうようです。 また、メイクをすると外出したくなる、人に会いたくなるといった回答が大手化粧品会社の株式会社資生堂で行った「化粧療法プログラム」では聞けたそうです。 実際にベストシーンで行っている「シニアフォト」でも、メイク後に人に会いたくなったと話をされる方が多くいらっしゃいます。 実はその外出したくなったり、人に会いたくなったりする欲求は高齢者にとっては、とても大事なことなんです。 日本公衆衛生雑誌によると重度要介護になる確率が、外出が週1回以下の人は毎日する人に比べて1.9倍、友人に合う頻度が月に1回未満の人は月に1回以上の人に比べて1.7倍になるとされています。 その外出や人に会うためのきっかけ作りとしてメイクをすることは、女性だからこそとても始めやすく続けやすいことではないでしょうか。 ぜひ、「化粧療法」実践してみてください。       今回は、シニア女性の美容意識とメイクをすることでの効果をお伝えしました。 尚、ベストシーンで行っている「シニアフォト」では実際にメイクを受けながらアドバイスなどすることができ、さらに撮影も行うためその写真をメイクの完成イメージとして使用することができます。 シニア女性が美容で抱える悩みを解消できる「シニアフォト」、ぜひご利用ください。

終活でやっておきたい、「生前写真撮影」

近年、日本では「終活」がブームになっています。 なぜ、終活ブームが巻き起こっているのか? もちろん、高齢化社会も一つの理由として挙げられますが、核家族化が進んできているのも理由として考えられています。 一昔前までは、長男は実家に残り、多世代家族で生活している家庭が多く、その長男の家族が色々と準備ができました。 しかし、現在はライフスタイルの近代化や、転勤の多い仕事環境などが影響し、核家族が増えてきました。 親と子供が離れて暮らす核家族は、子供が色々と生前に準備するのは難しく、また、亡くなってから準備するのも生活を共にしていないためにどこに何があるかも分からず、なかなかはかどらないという状態になってしまいます。 そのため、子供にはあまり迷惑をかけたくない、最後の子供へのプレゼントとして終活をする方が増えているようです。 その終活の一つとして「生前写真撮影」をする方が増えています。 その「生前写真撮影」をするメリットをまとめました。

最後ぐらい「素敵な笑顔」をみんなに見せたい

通常、遺影写真に使用される写真は、旅行や記念写真などの背景を加工したものが使用されます。 でも、そもそも最近写真って撮っていますか? 年齢を重ねるにつれて行動範囲が狭くなり、結果写真もあまり撮る機会がなくなってきたという方も多いようです。 また、写真を撮っていたとしてもあまりいい写真が無かったり、そもそも親族の方が用意する場合写真自体が見つからなかったり・・・ 「最後だからこそ、自分が納得のいく写真で送られたい」 「家族や友達に見せる顔は最後まで笑っていたい」 そんな想いから、元気なうちに生前遺影写真を撮影される方が増えています。 また、毎年誕生日などの記念日に撮影する方も多くいます。 生前に残すことでとっておきの写真を遺影写真に使用することができるようになります。

忘れてしまった女性を取り戻す

女性にとってキレイになることはいつまでも活力の源と言われています。 また、メイクをすることが刺激となり脳の活性化にもつながるとされています。 女性は、いつまでも女性です。 キレイになることで落ち込む人はいません。 写真撮影でキレイになった自分を見ることで明るい気分になり、日々の生活がまた豊かになるためのアクセントになります。 また、キレイになると外に出て人に会いたくなったという方も多くいます。 人との交流は「人間らしく生きる」ために必要と言われています。 そのためには人に会いたくなったという欲求が大切なんです。       今回は生前遺影写真の撮影についてまとめました。 高齢者がメイクやドレスアップでキレイになって写真撮影をすることで、生活意欲向上につながる可能性があると大学の研究でも発表がありました。 ベストシーンではメイクからドレスアップ、写真撮影まで一つのスタジオで全て行っています。 終活はもちろん、日々の生活にアクセントを。 ぜひご利用ください。

page top

Access Map

TEL.

営業時間:
受付時間(最終入店):
定休日: